9月21日は中秋の名月。フルムーンハーバルフェイスウォーターで満月のパワーを取り入れて

中秋の名月

今年の中秋の名月は、9月21日。

陰暦8月15日に見られる満月のことで、「芋名月」ともいいます。

ちょうど里芋が収穫される時期でもあるため、収穫への感謝や来年の豊作祈願も兼ね、里芋を供えるのが習慣となったことによるそうです。

綾部市にあるちどりやのオーガニックラボラトリーでも、広い土地を利用して、野菜や果物を育てており、新月の日に植え付けた種は、不耕起栽培ですくすくと育ち、豊かな実りをもたらしてくれています。

そして、月の満ち欠けと女性の生理周期や肌のターンオーバーが近い周期にあることはよく知られています。

月のサイクルは大きく分けて、新月・上弦の月・満月・下弦の月に分けられており、一般的には、

新月の日→スタート、種まきなどの意味を持ち、何かを始めるのに良い時期

満月の日→文字通り「満ちる」ことから、実ることや達成を意味し、身体の吸収力が高まる時期

とも言われています。

fullmoon中秋の名月_wp2

ちどりやのフルムーンハーバルフェイスウォーターは、宮古島で新月の日に植え付けられ、満月の日に収穫した月桃の蒸留水を使用するという、まさに月のサイクルに沿って作られた化粧水。

8年ぶりに中秋の名月と満月が重なるというこの日に、スペシャルなケアをしてみてはいかがでしょうか?

 

化粧水後の保湿には、同じ月桃を使用したスクレ ドゥ ゲイコがおすすめ。

シア脂・椿油・月桃油のみで作られた潔いほどのシンプルなクリームは、本来のお肌が持っている力を邪魔せず、保湿を手助けしてくれます。

secretdegeikocream30ml_wp

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark