京都ちどりや商品のご紹介・ご購入.

【ゆかた】綿麻しじら でんでん

カテゴリ:ゆかた/帯

綿麻しじら でんでん

遊び心をくすぐる でんでん虫の浴衣

デザイン
昭和初期の着物の図柄からインスピレーションを受けてデザインしたでんでん虫くん

(カタツムリ)ともみじの浴衣です。遊び心をくすぐるでんでんは、いくら見ても見飽

きません。手作業によるもみじの美しいグラデーションの発色もお見逃しなく。

大人の女性が着用するとかわいく見えながら粋でもあるのは、生地の地色が真っ白で

はなく少しクリームががっているから。白い綿と黄色の麻を適度なバランスでミック

スした綿麻ならでの色合いです。お顔色も綺麗に映ります。

 携帯電話からのご購入はこちら

 手作業による染色技法

「注染(ちゅうせん)」という日本独自の型染め技法を用いて染めています。型紙を使って防染部分を作り、生地に染料を薬缶(やかん)で注いで模様を染め上げる様子から「注染」の名がつきました。職人の技と勘なくしては成り立たない手法で、水彩画のようなタッチでグラデーションを表現することができます。プリント染色の機械的作業とは違った手仕事ならではの風合いがあり、注染によって染色されたレトロな柄は「かわいい」と密かな人気です。

 ハマったら虜(とりこ)になるシンプルな柄 

でんでんアップ大正時代のいわゆる「大正ロマン」

といわれる大胆でロマンティックな

デザインの反動で、昭和初期にはシ

ンプルな柄の着物が流行しました。

人とは違う着こなしを楽しみたいけ

れどドラマティックすぎるのは苦手

 

という方に、昭和初期の着物のデザインは参考になるはずです。レトロでかわいい、

をお探しの人におすすめです。

 暑い日でも大丈夫

「しじら織」という技法を使って織られた布で、横糸と縦糸の数を変えて織り込むことで「しぼ」といわれる凹凸を作り出しています。この凹凸があることで肌に密着しない、さらりとした生地になります。また綿麻は綿の吸湿性の高さと麻の通気性のよさを併せ持つ、夏にピッタリの生地です。べたつきがちな夏でも快適にお過ごしいただけます。

 ~ちどりや浴衣のこだわり~

「ほんまもん」が信念のちどりやの帯の生地はもちろん日本製、縫製も日本でおこなっている正真正銘のメイド・イン・ジャパン製品です。日本の職人さんの高い技術力や芸術性を存分に味わえます。

 着用サイズに関しまして:

ーサイズ表:S(身長約150〜160cm)身丈155cm、裄丈65cm、袖丈49cm

M(身長約155〜165cm)身丈165cm、裄丈68cm、袖丈51cm

L(身長約160〜170cm)身丈170cm、裄丈72cm、袖丈54cm

浴衣の場合、少々の誤差は着方で調整できます。例えば身長が175cmほどの方でもLサイズをお召し頂けます。

ご心配な方は、お気軽にメールかお電話にてお問い合わせください。

 留めはクローバーのグリーンで爽やかに。

でんでん虫A47
帯留めはクローバーのグリーンで爽

やかに。

ちどりやの浴衣の縫製は、すべて国

内です。

素材:
綿麻しじら(綿70%、麻30%)

ー原産国:日本

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark