京都ちどりや商品のご紹介・ご購入.

【ゆかた】綿絽 流水に菊

カテゴリ:ゆかた/帯

綿絽 流水に菊

小粋でクールビューティーな浴衣


デザイン

涼しげな古典の流水柄を白で抜き、菊の花を淡いお色で染めました。シンプルな色地

に適度な分量の柄を重ね、大人っぽくクールで知的な印象に仕上げています。完成され

た女性の個々の美しさを引き立たせるのに、邪魔をしないぴったりの色合いとデザイ

ンです。

 携帯電話からのご購入はこちら

2009流水に菊

手作業による染色技法

「注染(ちゅうせん)」という日本

独自の型染め技法を用いて染めてい

ます。型紙を使って防染部分を作

り、生地に染料を薬缶(やかん)で

注いで模様を染め上げる様子から

「注染」の名がつきました。職人の技と勘なくしては成り立たない手法で、水彩画の

ようなタッチでグラデーションを表現することができます。プリント染色の機械的作業

とは違った手仕事ならではの風合いがあり、注染によって染色されたレトロな柄は密

かな人気です。涼しげな古典の流水柄を白で抜き、菊の花を淡いお色で染めました。

帯も半幅帯以外に、絽の名古屋帯で大人っぽくしめていただくのも素敵です。

波に菊A35

日本人女性にしっくりくる菊の花

菊は夏の花ではありませんが、着物の世界ですと夏物に秋草は定番中の定番です。

昔から不老不死、長寿の象徴とされているおめでたい菊の花は天皇家の家紋にも使わ

れており、高貴な印象を与えます。しっとりと落ち着いた日本人女性ならではの上品な

美しさを引き出してくれる花です。

暑い日でも大丈夫「綿絽(めんろ)」という隙間をつくりながら織った生地を使っているので、適度で上品な透け感があります。涼しげで高級感もあり、夏にぴったりの生地です。綿ですので肌当たりがよく、汗をかいても吸湿性があるのでさらっとしています。着こなしのワンポイント:
半襟をつけて夏のお着物感覚でもお召しになれます。帯も半幅帯に限らず、絽の名古屋帯を大人っぽくしめていただくのも素敵です。

~ちどりや浴衣のこだわり~
「ほんまもん」が信念のちどりやの帯の生地はもちろん日本製、縫製も日本でおこなっている正真正銘のメイド・イン・ジャパン製品です。日本の職人さんの高い技術力や芸術性を存分に味わえます。

- 素材:綿100%
- サイズ表:S(身長約150〜160cm)身丈155cm、裄丈65cm、袖丈49cm
M(身長約155〜165cm)身丈165cm、裄丈68cm、袖丈51cm
L(身長約160〜170cm)身丈170cm、裄丈72cm、袖丈54cm
- 原産国:日本

着用サイズに関しまして:
浴衣の場合、少々の誤差は着方で調整できます。例えば身長が175cmほどの方でもLサイズをお召し頂けます。
ご心配な方は、お気軽にメールかお電話にてお問い合わせください

 



下さい)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark