京都ちどりや商品のご紹介・ご購入.

ちどりやオリジナルフェイスクリーム”スクレ ドゥ ゲイコ”

カテゴリ:スキンケア

secretdegeikocream30ml_wp

芸舞妓さんがお化粧の下地に使用するびんつけ油をヒントに、ロウシアバター(生シアバター)と純粋椿油に月桃油だけを加えました。

3つの成分のみでできた、シンプルなクリームです。

※これまで、従来の6mlを、「増量キャンペーン」として価格据え置きにて10mlで販売させていただいておりましたが、原料・容器、また輸送料等の値上げに伴い、誠に勝手ながら下記価格に改定させていただくこととなりました。

現在価格:6ml  924円(税込)→新規価格:10ml  1,507円(税込)

トライアルサイズのパッケージも、新しいものに変更となります。

詳細は下記をご確認くださいませ。

フェイスクリーム トライアルサイズの価格改定・パッケージ変更のお知らせ

携帯電話からのご購入はこちら

シアバター月桃

従来のクリームは、水と油を混ぜ合わせるために、乳化剤やパラベンなどの化学薬品を加える必要があり、たとえ化学薬品を使用せずともオーガニックの原料で製造する場合、劣化しやすいという難点がありました。

そこでちどりやは、水を入れずにつくるクリームという発想の転換で、肌に本当に優しく、各成分が元来持つ栄養が生かされたクリームをつくることにしました。

ロウシアバター(生シアバター)の融点は、人肌融点(36.5~37℃)ですので地肌になじみやすく、容器の中で固まっていても手のひらにのせてしばらくすると、すーっと溶けて肌に浸透していきます。ビタミンAやEを豊富に含むシアバターは、肌荒れの改善を助け、皮膚にハリと潤いを与えます。

アフリカの赤道直下の環境で育つロウシアバター自体が、腐敗、酸化しにくく、暗所保存で2年持つため、防腐剤を添加する必要はありませんが、月桃油をエッセンシャルオイルとしてミックスしているため、天然の防腐剤の役目も果たします。

月桃油にはポリフェノールがワインの約34倍もあるという研究結果が出ています。

人間の肌にもっとも近いと言われる成分からなる椿油も、酸化しにくい性質で全体のバランスを保ちます。九州の野生の椿の実を、玉締めという昔ながらの圧搾法で搾っているものに限定しました。

選りすぐりの原料だけを使用し、全行程手作業で、人肌に温かいクリームに仕上げました。

スクレ ドゥ ゲイコ」と「スクレ ドゥ マイコ」のべ-スとなるシアバターは、SONGTAABAと呼ばれるアフリカの女性達の生活向上を助ける組合が作るオーガニックバター”Karibio“を使用しています。

<ご使用方法>

小指の先ほどの分量を手に取り、両方の手のひらをこすり合わせるようにしてクリームを体温で溶かします。その後、優しくマッサージするようにお顔全体にのばします。

お顔だけではなく、そのまま首から胸元、デコルテまでマッサージされるのもおすすめです。

ちどりやオリジナルフェイスクリーム”スクレ ドゥ ゲイコ” 成分表

成分効能
シア脂シアバターはアカテツ科のシアーバターノキの種子の胚から得られる植物性脂肪。アフリカでは、古くから食用、薬品、燃料として使われ、薬品としては傷や火傷の治療目的や筋肉痛、リュウマチ、白髪、脱毛予防など万能薬として用いられます。ガーナでは新生児を紫外線や乾燥から守るために、生まれてすぐ全身に塗布します。ビタミンAやEを豊富に含有しますので、皮膚にハリと潤いを与えます。お肌荒れの改善を助け、美しさを保つ成分を多くみ、シワを目立たなくさせる働きがあります
ツバキ油ツバキ油の主成分は、人の皮脂に近いオレイン酸で、べたつかず酸化しにくいのが特徴です。またサポニンも含み、絶妙な自然のバランスが肌や髪を柔らかく保ちます。ちどりやの特選ツバキ油は、九州一円に自生するやぶツバキの実を昔ながらの玉締めという手間のかかる方法で抽出したものです。皮脂の成分の41%を占めるオレイン酸は、自然の潤い成分です。手絞りの椿油には、このオレイン酸が86%も含まれています
月桃油月桃とはショウガ科ハナミョウガ属の植物で、沖縄地方に自生し古来より民間の漢方薬として重宝されてきました。水蒸気蒸留法 で採取した精油成分には、防虫・抗菌作用のほか、鼻炎や気管支炎に効果のあるシネオールなどの成分が含まれています。月桃の葉に含まれるポリフェノールの抗菌作用は、ニキビを防ぎ、新陳代謝を高めシミ・シワを改善することが分かってきました

 

ご注意:
*夏期の保存方法と致しまして、室内の風通しが良く温度の上がりにくい場所、もしくは冷蔵庫などへの保管をおすすめしております。

原産国:日本

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark