温まってお肌の調子も良くなる一石二鳥の方法

ここ最近グッと寒くなってきましたね。

お風呂につかって体の芯から温まると、血行が良くなってお顔色も良くなりますが、

反対に冷えは怖いですね。色々な不調が芋づる式に起こります。

今日は、この酒粕ミルクバス&マスクを使って、ゆっくりお風呂につかって

同時にお顔のケアまでできてしまう簡単なケアをご紹介します。

酒粕ミルクバス_wp

この袋の中には、2袋の100%酒粕をフリーズドライにした粉末が入っています。

他に隠れた原料は何も入っておりません。そう、実はこれお味噌汁に入れれば、粕汁

に早変わり、ハチミツなどの甘味を足してお湯を注ぐと甘酒にと食べられます。

私は個人的には豆乳を温めてハチミツと混ぜて作る豆乳甘酒がお気に入りです。

さて、本題に入ります。

この1袋をお風呂にぱあっーと混ぜます。その時に、少しだけ豆皿にとっておいてぬる

ま湯を足します。そおっーと足してくださいね。勢いで流れないようにお気をつけあそ

ばして(笑)人肌ぐらいの温度でお願いします。ゆるめのマヨネーズぐらいの粘度にな

ったらお顔からデコルテへ優しく塗っていきます。これはバスタブの中でお湯に浸かり

ながらされると毛穴がいい具合に開いてきているので、ちょうど良いです。しかも周囲

が汚れません。そのまま5分から8分くらいおいておいて、あとはぬるま湯で洗い流

してください。もうね、きっと驚かれますよ。ご自身のお肌の感触に。そして、嬉し

いのは、この感触が全身に感じられることです。ぜひ、試してみて下さい!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark