柔軟な使い方で、頼れる相棒に!ハマナスのビューティセラム

「ジャパニーズ インペリアル ローズ(ハマナス)シリーズ」はスキントナー、ビューティセラム、ビューティオイル、フェイスクリームの4種類の商品がございます。

よくいただくのが、

・どういった組み合わせがおすすめですか?

・4種類全て使用した方が良いですか?

・セラムはどのタイミングで使用すれば良いですか?

というお問い合わせ。

今回は上記にお答えします!

JIRbeautyserum30mlglass_wp

ハマナスのセラム 通常パッケージ30ml

 

基本的に、4種類全てを使用しなければいけない、ということはございません。

オイルでクレンジング後、スキントナーで保湿、更にセラムを塗り、クリームでフタをする、というのは最もスタンダードなご使用方法ですが、もちろんお肌の質や性格は十人十色。

さらに、季節で温度や湿度、紫外線量も変わります。

そのため、基本的な使い方を「毎回のスキンケアで必ず守っていただく」という必要はございません。

 

ご自身のお肌を観察していただき、元々の肌質や、季節や気候、その日のお肌のコンディションに合わせ、ご使用いただくアイテムを柔軟に変えるという方法は、表面的なスキンケアのためだけではなく、ご自身の健康のためにも意味のあることです。

あくまで一例としてですが、下記におすすめの使用方法をご紹介いたします。

 

1、スキントナービューティセラムフェイスクリーム

まずは基本的なご使用方法です。元々乾燥肌で、保湿重視の方は、クリームでフタをするのがおすすめ。

湿度は高くても、クーラーなどでお肌は乾燥します。

またフェイスクリームに含まれる「ラズベリーシードオイル」SPF(※1) 50ほどの効果があると研究機関では報告されており、紫外線が肌にダメージを与えるのを防ぎます。(※2)
(※1)Sun Potection Factor(サンプロテクションファクター)の略。紫外線による炎症の防止効果の程度を表す。最高値は50。
(※2)単体で紫外線防止剤になるというわけではありません。より紫外線防止効果をお求めの方は、日焼け止めを併用されることをおすすめいたします。

 

2、スキントナービューティセラム

この季節、暑くてスキンケアも手早く済ませたい!という方に。

セラムのみで十分な保湿感があれば、必ずクリームでフタをしなければならないということはございません。

お肌がもう「保湿は十分です」という状態の時に、さらに油分をプラスすると、ニキビや吹き出物を引き起こしてしまうことも。

 

3、ビューティセラムのみ

2のスキントナー+ビューティセラムをさらに省略したスキンケア。

あえて「しない」方法がお肌に合う場合、これくらいシンプルなケアの方がお肌の調子が良いという方もいらっしゃいます。

肌荒れの原因が「顔の触りすぎ」であれば、こういった引き算のスキンケアで肌荒れが改善されることも。

余裕があれば、就寝前におでこや頬など、乾燥を感じる箇所にオイルを乗せていただくと、翌朝お肌がつっぱりません。

hamanasuoil.serum_new

ハマナスのオイル(左)と、セラム(右)公式HP限定Special Package(30ml)

 

ちどりやでお肌用のセラム(美容液)といった位置付けの商品は、このハマナスのセラムが初めてのため、ご使用のタイミングやスキンケアへの取り入れ方についてよくお問い合わせをいただくのですが、

上記のように、ビューティセラムは臨機応変に使用できるため、気軽にお使いいただけるアイテムです。

基本的に、天然成分のみでできた植物性の「乳液」とお考えください。

hamanasu

ハマナスの花 ビタミンCとポリフェノール が豊富に含まれています

 

 

朝に スキントナーやビューティセラムをご使用いただく場合

スキントナーもセラムも水分量の多いアイテムのため、直後に日焼け止めやファンデーションを重ねると、お顔の上で混ざりムラになってしまう場合がございます。

お化粧前に使用される場合は、まずつけすぎないようお顔の上で薄くやさしく伸ばし、浸透するのを少し待ちます。

お顔を両手でおさえた時、もっちりしっとりした感触なら、上から日焼け止めやフェイスパウダー、ファンデーションを乗せても大丈夫。

マスクの刺激による肌荒れで、ファンデーションなどが刺激になる方には、低刺激でオーガニックなちどりやオリジナルフェイスパウダー【葛粉配合おしろい】がおすすめです。

 ジャパニーズ インペリアル  ローズ(ハマナス)シリーズ一覧はこちら

 

お肌と相談するスキンケアの積み重ねは、ひいてはご自身の体の健康状態を見つめることとなります。

体の健康を大切にするということは精神の健康にもつながります。

体調を崩しやすい季節だからこそ、体と向き合い、いたわる時間を大切にしてみてはいかがでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark