天にものぼる夢のような香り。リラックスタイムに、オリジナルブレンド天女香

ちどりやオリジナルブレンド 天女香ちどりやオリジナルブレンド 天女香

ラベンダー、ゼラニウム、ローズマリー、パルマローザなどをブレンド。

華やかでありながら「和」を感じさせる香りは、気持ちを和らげてくれます。

香りだけでなく、肌や髪のトラブルに対処する精油を厳選しているので、様々な使い方でお楽しみいただけます。

 

キャリアオイルに混ぜ、ボディやお顔のマッサージに。

大さじ1のキャリアオイル(※)に1滴の天女香を混ぜ、フェイシャル・ボディ両方のマッサージオイルとしてご使用いただけます。

jojobaoilnew

ちどりやホホバオイル

肌や髪のバランスを整えてくれるので、日焼け後のケアなどにも最適です。

 

※キャリアオイルとは?

精油を希釈するのに使用する、植物性のオイルのことです。

ホホバオイル、スクワランオイル、グレープシードオイルなどが有名ですが、その他にも様々な種類があります。

 

 

オイルや天然塩と混ぜ、バスタイムに。

必ずキャリアオイルや天然塩に混ぜて薄めてから、お湯に入れ、よくかき混ぜてから入浴します。

バスルーム全体に天女香の香りが漂い、まさに夢心地のバスタイムを演出。

bathsalt

 

直接精油を浴槽に垂らすと、混ざりきらない油分が表面に浮いてきてお肌に付着し、刺激を与えてしまう場合があります。

小さじ1杯程度のキャリアオイルに対して、天女香2〜5滴程度が目安です。(天然塩の場合は大さじ2杯に対して2〜5滴程度)

敏感肌の方は少なめの量からお試しください。

※お肌の弱い方は、天然塩のみと混ぜるよりも、キャリアオイルと混ぜる方法がおすすめです。キャリアオイル等に混ぜてご使用になった場合にも、赤くなったり、ピリピリとした刺激やかゆみを感じた場合は、ご使用を一旦中止し、お肌の様子をみてください。

天女香

 

浴槽に天女香を入れずに香りを楽しみたい方は、ガラスや陶器の器にお湯を入れ、その中に天女香を数滴たらし、バスルームの隅などに置いてから入浴する方法もおすすめ。

ゆっくりと湯船であたたまっている間に、浴室内の蒸気で立ちのぼるアロマの香りをお楽しみいただけます。

 

アロマポットやディフューザーで、お部屋でのリラックスタイムに。 

専用のアロマポットやディフューザーをお持ちの方は、お部屋で天女香を焚くのもおすすめ。アロマストーンに垂らしても良い香りをお楽しみいただけます。

専用のアロマグッズをお持ちでない方は、器にお湯を入れ、天女香をたらして入浴中に広がる香りを楽しむ方法や、ハンカチやティッシュに染み込ませて持ち歩く方法も。

※布製品は染みになる可能性がありますので、汚れても良い場所やハンカチでお試しください。

facepowder_new_wp

また天女香は、ちどりやオリジナルフェイスパウダー【葛粉配合おしろい】の香料としても使用されています。

メイクアップの時間にも香りを楽しみたい方に、ぜひおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark