単衣の時期にしめる帯

手書き友禅、蝶の帯5月下旬から6月の単衣の時期にしめられる帯で、
京都らしい手書き友禅で、しかも乙女心をくすぐる感じの帯。
なかなかありませんでしたから、創りました。

「絽」ちりめんなので、夏場もしめるという方もおいでですが、普通の平絽の生地とは違い、
絽ちりめんは生地に撚りをかけて縮緬にしているので、絽目間が多少大きく透け感も少ないので、
「ちょっと、真夏は、なあ、、、」となります。

この時期だけに楽しむ、ちょっと贅沢な帯です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark