ニキビ&吹き出物とシミの原因と解決方法 東洋医学に学ぶ〜 箇所別Part 6

9)首に出来る小斑点やニキビ
首に出来る小斑点やニキビは香水などの香料や太陽光線(紫外線)の浴び過ぎが考えられます。今お使いのパフューム類を中断して、何も香料をつけない状態でしばらくいて下さい。

私も10年ほど前自然派とうたっていながら合成香料のたっぷり入ったボディーローションで、目も当てられないほどの急性アレルギー皮膚炎になりました。完治するのに2ヶ月ほどかかりましたが、ステロイド系の薬などに頼らずに漢方と食事療法、そしてスギナ茶を飲んで時には湿布して治しました。

普段は平気なのに疲れているときにパアッーと発症することがあるので、とにかく焦って変な市販の薬などはつけないで様子を少し見た方が良いと思います。あまりひどいようなら皮膚科のお医者様に診て頂くことが良いでしょうが、強い塗り薬を勧められても何が主成分なのか本当にそれが必要かどうかちゃんと相談された方が良いと思います。

飲み薬も同様だと思います。実際に飲むのも塗るのもその人自身の選択ですから。例えば漢方でいう水毒という状態で新陳代謝が悪くて余分な水が体内に溜まっているとしたら、強い抗生物質を飲んで最終的に体内の熱を奪ってしまう状態よりも、漢方薬や生姜などをレシピに取り入れた暖かいスープ、または葛湯などを頂くことをお薦めします。これで余分な水分を抜き身全体の熱の巡りも良くなり全体が楽になるはずです。

首の特にリンパ線上にしこりを持ったような吹き出物などは、相当身体が特に肝臓や腎臓が悲鳴をあげているときなので、肉類に油物、濃い味のもの外食は避けてできるだけ良く噛んで玄米粗食に努めると案外早く治ります。

そういう時は肝臓や腎臓を冷やさないようにバストから下のラインまでつかる腰湯をして、特にはっていたり痛みがあるような場合は押すと気持ちの良い場所はゆっくりと背中側から押すように指圧して血が巡るようにします。顎から首筋、肩のラインを通って脇の下をマッサージするとなおリンパの流れを良くして体内に溜まる不必要なガスや水分が排泄されるのを助けます。基本的にお通じが良いと首筋に吹き出物が出なくなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark