京都ちどりや商品のご紹介・ご購入.

平打かんざし 桜

平打かんざし 桜

昔は武家の女性がよく身につけた形で、かつては平たく延ばした金属から切り出していたそうです。武家の女性なら自家の家紋を入れていましたが、江戸後期の芸者の間には自分の紋ではなく、想い人の家紋を入れるのが流行したらしいです。ロマンティックですね。
桜の季節はもうすぐ、御髪にも花びらを!

携帯電話からのご購入はこちら

材質:木
サイズ:横30mm×縦190mm

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark