京都ちどりやとは

ちどりやとは

お肌が弱い・労りたいとお思いの方に使っていただきたい

美しくいたい、弱い肌を守りたいと願う全ての人々にちどりやの商品が愛用していただければと思い、商品創りをしてきました。美肌を創るキーポイントは水分補給と油分のバランスを保つという、当たり前のシンプルなものですから、逆に言えば年齢や肌質をさほど問わずにご使用いただける商品創りを目指しています。外国製品や既にある他社の真似では無く、日本古来の素材を生かした成分で、原料をオーガニック、もしくは野生のものに出来る限り絞り、一切人工合成成分を使用しない、動物実験をしない、自然との調和を考えた商品をモットーに、材料不足の際は調達をあきらめる・・・など、こだわりをもって、お客様により良い商品をご提供してまいりました。

ちどりやの歴史

ちどりやフェイシャルソープ/あずきと黒砂糖1949年、創業者堀切修が舞妓さんや芸妓さん御用達の化粧品、和小物、美容雑貨を扱う店としてオープンいたしました。

現代表である堀切朋美は1987年に渡米後、ニューヨークを拠点にメークアップアーティストとして活動していた時、モデルや女優の友人達、そして自身の肌荒れに悩んでいたことがきっかけで、当時使用していた化粧品の原料を徹底的に調べました。

その結果、大半が人工合成成分からなる化粧品が肌荒れの大きな原因だったことを知り、モデルの友人から教わったハーブの化粧水を自己流にアレンジし研究を重ね、肌につける化粧品の原料は口に入れるものとほぼ同じであるべきという考えを元に、さらに日本人が使うのであれば、日本人のDNAが喜ぶ原料にしてみよう!と、1999年 chidoriya corp. をニューヨークに設立し、商品第一号である椿油をベースにした「あずきの粉と黒砂糖のソープ」を発表。その後、柚子、緑茶、米ぬか、月桃など、日本古来の原材料をベースに化粧品創りに励んでおります。

こだわりの商品にはお洒落をさせてあげたい!

一つ一つ、中味が厳選された最高品質の原料から成っているものですから、商品のコスチュームであるパッケージも分相応のお洒落をさせてあげたいと考えています。行き過ぎず、その中味とマッチしている、つまり外側からも中味が想像できて、可愛くて本当に肌に良いと末永くご愛用いただければ幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark